園芸同好会【高校】 最新情報

活動の様子

【園芸同好会】夏休みの活動 その後

2021年08月31日

ac37272ad6e6b3554ef690438cbae1dd915eb139.jpg
プレート.jpg サル.jpg マツ (1).jpg

樹木プレートづくりに取る組んできましたが

いよいよ校内の樹木にプレートを取り付け始めました。

プレートも20枚以上なりました。今後もさらに作っていきたいです。

また、1学期に植えたヒマワリが咲きました。

夕日にも映えますが、残念ながら在校生に見てもらえない日々が続きそうです。

【園芸同好会】オンライン文化祭に向けて

2021年08月25日

夏休みの園芸部の活動

今年は8月に入って週2日の活動を行っています。

畑での収穫、学校の花壇の整備に加えて

今年はオンライン文化祭の企画として

校内の樹木を調べて、樹木プレートを作っています!

こうご期待ください。

1.jpg2.jpg

イチゴの品種改良講座 in 農業技術研究センター

2018年12月05日

11月14日(水)埼玉県民の日に

恒例となっている熊谷の農業技術研究センターで、イチゴの品種改良講座を実施しました。

「かおりん」「あまりん」が誕生しましたが、すでにあらたなイチゴ品種をつくる取り組みが進んでいました。

ひとつは、年内に収穫量できる品種をつくること。やはりクリスマスシーズンに合わせた栽培ができるイチゴを目指しているようです。

 また、ポリフェノール量が多いなど付加価値をつけ、イチゴの魅力を健康面からもアピールしていくようです。地道な品種改良のプロセスですが、突然変異を起こす方法など新しい手法も取り入れているようです。何年かのちに、新しい埼玉イチゴが誕生し、全国で手に入る日がくるかもしれません。

楽しみにしていてください。

IMG_0097.JPGIMG_0095.JPG

第2回 埼玉県産イチゴ 新品種「かおりん」&「あまりん」 講習会

2017年08月12日

埼玉県産イチゴ 新品種「かおりん」&「あまりん」 講習会(第2回)

2017年7月31日(月) 園芸同好会 今年度初めての校外学習を実施しました。

場所は、春にもお世話になった熊谷市の埼玉県農業技術研究センター。

こちらで、埼玉県産イチゴに関する講義、実習(第2回)を行いました。

昨年、誕生した埼玉県産イチゴの2種類は

香りが特徴の「かおりん」と甘味がつよい「あまりん」!

この2品種の状況や栽培方法について、初めに講義を受けました。

かおりん - コピー.jpg あまりん - コピー.jpg 埼玉イチゴ減 - コピー.jpg

埼玉県は、1970年ごろまでは全国でも有数のイチゴ産地でした。

しかし、現状は栽培面積が10分の1程度まで減少。

この2つの新品種にかける埼玉の想いは、かなり熱く大きなものがあります。

会議.jpg

30分の講義の後、試験場の圃場やビニールハウスの案内を頂きました。

この農業技術研究センターは水稲、野菜の研究だけでなく畜産の研究も行われています。

広大な敷地には、豚や牛、鶏も飼育されていました。

研究員の尾田さんからビニールハウスで

イチゴの品種改良の状況や、苗の増やし方などについて教わりました。

ハウス内2.jpg

ついに誕生した「かおりん」「あまりん」のイチゴ姉妹。

これからたくさん食べて、応援して下さい!!

活動の様子

2012年04月16日
04.jpg




7月

川口市グリーンセンターへの
校外学習時のスケッチの様子








05.jpg




10月

 落花生の収穫







06.jpg




12月
 
 クリスマスリースの作成







TOP