NEWS

栄東生が選ぶ、オススメ本。『海獣学者、クジラを解剖する。』

全体2022年09月29日

本日のオススメ本2022.png

「海獣学者、クジラを解剖する。」
著者:田島 木綿子 出版社:山と溪谷社

「○○市の海岸にクジラが打ち上がりました!」

この一本の電話で、研究室は大忙し。
すぐに移動の手配をし、作業道具を持ってかけつける。
早く回収しないと腐ってしまい、貴重な標本が取れなくなってしまうからだ。
においも発生し、近くの人たちからも苦情がきてしまい、調査にお金がかかることもあって、市役所は海へ捨てようとすることもある。

時間との戦いの中、回収した標本は冷凍庫などで保管する。

あわただしい作業だが、大きな刀でクジラを解剖したり、標本を作ったりするのは楽しそうに思えてくる。

クジラの何がそんなに魅力的なのか。標本の必要性とは何なのか。
今まで考えたことのなかった魅力を教えてくれる本だ。

(中2 M.Yさん)

20220927162315-5436405ad43e4380b6f4b7dca7b4ad4c595589e6.jpg

20220929155754-599a4805112a532eeecf5d77d6ab268f96e72a19.png

TOP