NEWS

栄東生が選ぶ、オススメ本。『星空ロック』

全体2022年07月06日

本日のオススメ本2022.png

「星空ロック」
著者:那須田 淳 出版社:あすなろ書房

主人公のレオは14才。
趣味のギターを通して仲良くなったおじいさんのケチルといつも一緒にいた。

ベルリンに行くことになったレオにケチルが頼み事をした。
クララさんという人に「Irgendwo auf der Welt(イルゲントヴォー・アウフ・デア・ヴェルト)」のレコードを渡してほしいと。
しかし、ケチルはレオがベルリンへ出発する直前に亡くなってしまう...。

レオはベルリンで様々な人との出会いをくり返し、成長していく。
そしてクララさんを探しているうちに衝撃の事実が...!

はたしてレオはクララさんを見つけレコードを渡し、亡きケチルとの約束を果たすことができるのか...?

内気だった彼がベルリンの仲間たちとのバンド演奏を通して、空のケチルに思いを捧げるところが感動の見所だ。

(中2 N.Sさん)

星空ロック.jpg

ブックマイスターとは.png

TOP