学校生活

バスケットボール部 中学

 バスケットボールは、走・跳・投が必要な競技です。多くの技能、体力が必要な競技ですが、「シュートを決める」「ドリブルで相手を抜く」「相手の動きを止める」など色々なことができるようになるとそれは楽しさへとつながります。そして、楽しくなってくるとバスケットがどんどん上達をしていきます。
 栄東中バスケット部は経験者もいますが、未経験者が多いのでルールや基礎的なことから学び、限られた時間の中みんなでバスケットを上手になろうと練習に励んでいます。できるようになるにはどうしたらいいか考えながら取り組んだり、上手な子のプレーを見てまねをしたり、それぞれ試行錯誤をしながら技術を身につけています。また部員が多いことも利点となり、周りの子に負けじと切磋琢磨している姿が見られます。
 本部活動では技術の向上だけでなく、1~3年生の縦のつながりも大切にしています。練習では、シュートの打ち方、パスの仕方など技術的なことはもちろん、コートの整備の仕方やチームとしての行動の仕方まで上級生が下級生に色々なことを丁寧に教えています。そうしていくうちに下級生は上級生を手本とし、今度は自分が先輩になった時にそれら学んだことを伝えていきます。それは学習に対する姿勢も同じで、バスケット部は勉強を頑張る上級生の背中を見て、下級生も勉強に一生懸命取り組んでいます。
 大会にも出場をしており、「試合では練習で身につけたことを1つでも発揮する」を目標に掲げ試合に臨んでいます。過去には男女ともに3回戦まで進んだこともあり、十二分に力を発揮することができました。

活動日

4月~10月 夏時間 16:00~17:30(完全下校18:00)
11月~3月 冬時間 16:00~17:15(完全下校17:30)

実績

6月  さいたま市学校総合体育大会
10月 さいたま市新人体育大会
12月 さいたま市冬季大会

部員数

令和3年度
3年生(男子:14人、女子:1人)
2年生(男子:14人、女子:7人)
1年生(男子:16人、女子:8人)

TOP