栄東中学校・高等学校

  • SHIP
  • 卒業生の方へ
  • 交通案内
  • 中学お問い合せ
  • 高校お問い合せ

理科研究部【合同】

【理科研究部】日本地球惑星科学連合2021年 学会(JpGU2021)参加報告

2021.06.07

 昨日6月6日オンラインで開催されました日本地球惑星科学連合JpGU2021年大会の高校生セッションに、高校3年10組の篠田海遥君が参加をさせて頂き、ポスター発表を致しました。栄東中学1年の時に地震学の基礎学習に着手し、中学2年より研究に移行、昨年度高校2年は自身で研究テーマを見つけて、昨日の学会ではその研究の成果を発表させて頂きました。
 ポスターセッションに先立ち、ズームミーティングで行われたポスターの概要説明口頭45秒間では、スライド1枚を画面共有し、研究のポイントを堂々と述べることが出来ました。下の写真は、その時の様子パソコンの画面です。
 続いて行われたポスターセッションでは、各発表毎にブレイクアウトルームが用意され、そこに入ってきて下さった研究者の方々へ、ポスターを画面共有して研究成果を丁寧に説明しておりました。静岡大学理学部地球科学科の地震学がご専門の研究者からは、「今後の地震に備えて、流言による被害を抑えるための具体的な取り組みを考察すると良い」等、有意義なアドバイスを頂き、「この研究について、1人でも多くの人に広めて欲しい」とのたいへんありがたいお言葉も頂きました。また、現在東京大学の大学院で地震の研究に取り組んでいる本校理科研究部の卒業生もブレイクアウトルームに入って下さり、「多種多様ある引用文献に関して、一次資料と二次資料とを区分する重要性」等について、篠田君にアドバイスをして下さいました。
 今回の学会に向けて、教職員の皆様方・卒業生の方々・理科研究部の生徒たちには、予稿原稿日本語・英語やポスターの添削を初め、温かく見守って頂きましたことまで、深く感謝を申し上げます。ありがとうございました。今回の学会で頂いた各助言も踏まえ、これまでの成果を論文にまとめ、6月末を目安に学術誌『歴史地震』に投稿する査読を頂く予定です。引き続き、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

2021年6月7日 理科研究部顧問 荒井賢一

学会参加報告.jpg

【理科研究部】2020年度芝川夏季定例水質調査の報告と考察

2021.04.20

理科研究部では、昨年度も新型ウィルスの感染対策を万全にしながら、長年にわたり研究の対象としている芝川の定例水質調査を実施することが出来ました。

結果は『理科研究部 2020年度芝川夏季定例水質調査の報告と考察』をご覧ください。

現在、入部を受付中です。新入生のみなさん一緒に活動しませんか?





理科研究部 2020年度芝川夏季定例水質調査の報告と考察-1.gif

【理科研究部】第37回歴史地震研究会(オンライン伊賀大会)でポスターセッションを行いました。

2020.10.12

9月26日(土)~28日(月)に開催された第37回歴史地震研究会(オンライン伊賀大会)に、
本校生徒(篠田海遥君)が参加 、ポスターセッションにて発表をさせて頂きました。
発表内容は、埼玉県本庄市に残る1923年関東地震に関する記録です。
当初、この学会は三重県伊賀市で開催される予定でしたが、新型ウィルスの影響により オンラインでの開催となり、校内(物理室)からパソコンの画面上で参加をしました。

画像をクリックすると、上記の様子とポスターセッションで使用したPDFファイルが開きます。
r2_iga-1.jpg

【理科研究部】次世代に伝えたい芝川の氾濫の歴史

2020.09.26

理科研究部の生徒(遠藤匠人君)が芝川の氾濫の歴史について研究し成果をまとめました。

過去の水害の凄惨さを伝えることで防災・水害に対する意識を高めることができると考え、今後の被害を減らすためにこの場を借りて発表させていただきます。

画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
次世代に伝えたい芝川の氾濫の歴史 2020.9.png

【理科研究部】オンライン開催された学会(JpGU)の高校生セッションで受賞

2020.08.07

 7月12日~19日にオンラインで開催された学会(日本地球惑星科学連合(JpGU)2020年大会)の高校生セッションで発表をした高校3年の島村泉里君が、審査の結果、「優秀研究賞」および「ポスター優秀賞」を受賞しました。今回の学会では中学3年からの4年間の研究の集大成として、過去に行った4つの実験についての全てをまとめ、発表を行いました。
 木材から切り出した物体を落下させた実験1、3Dプリンターを用いて確度を向上させた実験2。形状変化による、空気抵抗の大きさの大小変化に関わる「抵抗係数」に焦点を当てた実験3・4の2種類の実験を行いました。
 JpGUの発表には、過去に発表を行った私学文化祭等とは大きく異なり、オンラインで開催された上、iPosterという新しい発表ツールが用いられました。ポスターの作成は以前までと異なりながらも試行錯誤し、何とか完成までたどり着くことができました。学会の予稿集は英語でも書く必要があり、ポスターの形式と同様に初めての経験となったことでしょう。
 発表をした4つの実験の中には新型コロナウイルスによる休校以前に終わっていなかった実験を自宅で行うこともありました。同じ部活の仲間にも協力をしてもらい、現在のベストな形で発表を迎えることができたと思っています。
 発表当日(7月12日・19日)にはZoomを用いた口頭発表及びチャット機能を用いた議論が行われました。チャットでの質疑応答には京都大学の准教授や研究者の方々にお話を聞くことができ、2時間半という時間がとても短く感じるほど様々なアドバイスや今後の研究についての意見を頂くことができました。今後とも今回の経験を活かし研究を続けていってもらいたいものです。

クリックすると大きな画像で表示されます。
オンラインでのポスタータイム.jpg

【理科研究部】学術誌『歴史地震』に論文が掲載されました

2020.08.04

元高校3年13組の上村勇輔君が昨年度に投稿(今年5月に受理)された論文が掲載された学術誌『歴史地震』(第35号)がこのたび発行されました。地震学を研究している大学の図書館や国会図書館等に置かれ、来週以降本校の図書館にも置く予定です。

論文が受理された経緯はこちら

【理科研究部】日本地球惑星科学連合 2020 年大会( JpGU2020 )にてオンラインでプレゼン

2020.07.15

7月12日(日)にネット開催をされた学会 日本地球惑星科学連合 2020 年大会( JpGU2020 )の高校生セッションにおいてプレゼンをしました。

テーマは、「物体の形状変化に伴う流体による抵抗の大小比較と抵抗係数の算出実験」です。

参加報告はこちら。 講演情報(予稿)はこちら

【理科研究部】芝川清掃活動調査の報告

2020.02.17

2月11日(火)に、芝川の2地点で清掃活動調査を実施致しました。

その活動の様子と川原で採集した人工物(ゴミ)の集計結果データをまとめました。

2019年度芝川清掃活動調査の報告書をご覧ください。

【理科研究部】神奈川新聞・幸手市HPへの1923年関東地震に関する取り組みの掲載

2019.12.23

高校1年生部員の研究への取り組みを、2019年9月13日の神奈川新聞および埼玉県幸手市のHPに掲載頂きました。

中学2年のときから取り組んできた「幸手市と1923年関東大震災」に関する成果の総集編です。

幸手市HPは、下記のURLで2020年3月末日まで閲覧できます。
https://www.city.satte.lg.jp/sitetop/soshiki/citypro/2/3/6465.html

よろしければぜひご覧頂ければ幸いです。

理科研究部「家具用免震装置の開発」日本地震学会2019年秋季大会で発表

2019.10.01

 9月16日(月)に、京都大学で開催された日本地震学会2019年秋季大会のポスターセッションにおいて、高校1年の生徒が発表を致しました。詳しくは、日本地震学会2019年秋季大会参加報告をご覧下さい。

カテゴリー
最新の記事
アーカイブ

学校法人 佐藤栄学園 栄東中学校・高等学校
〒337-0054 埼玉県さいたま市見沼区砂町2-77
  • 【中学】Tel.048-667-7700/Fax.048-667-7676
  • 【高校】Tel.048-651-4050/Fax.048-652-9435
アドミッションセンター
048-666-9200(中学)/048-666-9288(高校)