栄東中学校・高等学校

  • SHIP
  • 卒業生の方へ
  • 交通案内
  • 中学お問い合せ
  • 高校お問い合せ

理科研究部【合同】

理科研究部「家具用免震装置の開発」日本地震学会2019年秋季大会で発表

2019.10.01

 9月16日(月)に、京都大学で開催された日本地震学会2019年秋季大会のポスターセッションにおいて、高校1年の生徒が発表を致しました。詳しくは、日本地震学会2019年秋季大会参加報告をご覧下さい。

理科研究部「埼玉県幸手市での地震アンケート調査結果」を第36回歴史地震研究会で発表

2019.09.28

 9月22日(日)に、徳島大学で開催された第36回歴史地震研究会のポスターセッションにおいて、高校1年の生徒が発表を致しました。

 調査結果と学会の様子は、第36回(2019年度)歴史地震研究会参加報告幸手市地震アンケート調査結果(2019年度歴史地震研究会配布資料)をご覧下さい。

【理科研究部】2019 年度 文化祭の見どころ(3 点)

2019.06.03

①体育館でのプレゼンテーション 68日(土)1230分~(45分間)

 昨年度取り組んだテーマ「伊豆半島の津波と地名(歴史地震を学ぶことの重要性)」・「学校の横を流れる芝川の歴史」に関する成果を、研究経験の豊富な高校3年生が語ります。

image1_2.jpg ← 昨年度の文化祭(体育館)

②化学実験室および物理実験室(第2校舎の3階)でのサイエンスショー

 中学1年~高校3年の部員が、化学(ルミノール反応等)・物理(静電気等)の各分野の実験を多数準備しております。体験型の実験も必見です。

image2.jpg ← 昨年度の文化祭(化学室)

③各種研究成果のポスターセッション(第5校舎2階 5201教室)

 最近の各種学会や私学文化祭などで発表をしたポスターが勢ぞろい。「未曾有の震災をもたらした1923年関東地震の埼玉県内に残る記録」、「本校に設置している地震計(強震計)データの解析結果」、「空気抵抗の実験レポート」、「栄東校内の昆虫調査」等々。昆虫の標本も展示します。ポスターを見ながら、部員が丁寧に分かりやすく解説をします。

image3.jpg
 ↑ 学会でのプレゼン(第35回歴史地震研究会、2018年9月、大分市)

 3つの「十分」を心がけて、毎日準備を進めております。
気を付けること2.gif
 中学・高校 理科研究部員の日頃の活動成果を、ぜひご覧下さい。

【理科研究部】学会(日本地球惑星科学連合2019年大会)への参加報告

2019.05.27

高校1年生の部員が、幕張メッセで開催された地球科学関連の学会でプレゼンとポスターセッションをしました。

その後、NASA ・JAXA によるプログラムに参加しました。

詳しくは、理科研究部 学会(JpGU2019)参加報告をご覧ください。

【理科研究部】研究論文「埼玉県川口市の関東大震災」が学術誌に受理されました。

2019.04.25

「埼玉県川口市の1923年関東地震」に関する研究論文を、学術誌に受理されました。

詳しくは、こちらのPDFをご覧下さい。

【理科研究部】2019 年春「天体観測」合宿の報告

2019.04.08

新入生の皆様、入学おめでとうございます。

理科研究部では、天体観測を目的とした春合宿を実施致しました。

こちらのPDFをご覧下さい。

芝川流域の小学校の児童・保護者、教職員の皆様にアンケートを実施

2019.01.22

 理科研究部の2019年は、芝川の調査活動から、本格的に始動しました。
 「芝川流域の小学校を対象に、アンケート調査を実施したい」という部員の発案があり、昨年末に2ヵ月間程の準備を経て校長先生宛に依頼をさせて頂きました。
 川口市立在家小学校・さいたま市立大牧小学校・泰平小学校・見沼小学校の4校(それぞれ2年生~5年生の児童・保護者と教職員の皆様)がご協力下さることになりました。たいへんお忙しい中ご協力下さいますことに、深く感謝申し上げます。
 集計や分析の結果は、改めて報告を致します。写真は、休日を返上して見沼区内のコミュニーセンターに集まり、各校に持参をさせて頂くアンケート類の製本・封詰め作業を頑張っている様子です。

写真 理科研究部HP(「活動報告」更新用).jpg

【理科研究部】埼玉県幸手市の1923年関東地震の調査を本格的に始動

2017.04.24

 幸手市は、1923年関東地震(関東大震災をもたらした地震)の埼玉県内の三大被災地の1つと言われています。3月末から進めてきた文献調査の結果も踏まえて、4月15日(土)に今年度最初の現地調査をおこないました。東武日光線の幸手駅周辺(旧幸手町)の寺社3か所を訪れ、建てられている石碑の碑文を読み取りました。現地調査の結果の一部(PDFファイル)を、ぜひご覧下さい。

幸手市に残る1923年関東地震の調査結果(一部)

 幸手市を対象地域とした関東地震の研究は、この春卒業をした37期生が高校2年生のときに着手しました。今後、さらに調査を続けて考察を深め、9月につくば市で開催される学会(歴史地震研究会)で発表をします。また、その後、学術誌(『歴史地震』第33号、2018年5月発行)への掲載を目指して、論文を作成します。

中学2年 篠田海遥・野間鉄心
高校顧問 荒井賢一

幸手市神明社に建つ石碑の両面を分担して調査中s.jpg

【理科研究部】日本化学会で発表&学術誌『歴史地震』(第32号)に論文受理

2017.04.06

 新・高校2年田中健太が、3月28日(火)に芝浦工業大学豊洲キャンパスで開催された日本化学会主催の化学クラブ研究発表会で、ポスター発表をしました。展示をしたポスターは、PDFファイルをご覧ください(日本化学会HPに掲載される予稿原稿(P16)には誤りがあるため、こちらを閲覧願います)。

 学術誌『歴史地震』に投稿していた以下の論文2編が、おかげさまで査読を経て3月31日に受理され、5月発行の第32号に掲載されることになりました。
【資料】埼玉県春日部市に残る 1923 年関東地震に関する石碑
【報告】春日部市郷土資料館に残る 1923 年関東地震に関する記録
     ~大震災記念児童文集と大正 12 年粕壁町震災写真帳~
 共著者:元高校3年 小林優介・高木駿・山浦照良・安倍聡志・北廣創史
     元中学3年 竹原輝

 また、本研究への取り組みと成果について、春日部市郷土資料館で開催中の「収蔵品展」で紹介(パネル展示)をされております。

化学クラブ研究発表会のポスターセッションの様子_s.jpg

【理科研究部】 河川の研究成果について2つの招待講演で高校生部員が発表

2017.03.10

 2月4日(土)に開催された川の再生交流会(埼玉県主催)、および2月22日(水)に開催された大宮東ロータリークラブ例会において、芝川の研究成果を発表させて頂くことができました。詳細は、それぞれの報告(PDFファイル)をご覧ください。

2017 川の再生交流会の報告

2017 大宮東ロータリークラブ例会での研究発表の報告

カテゴリー
最新の記事
アーカイブ

学校法人 佐藤栄学園 栄東中学校・高等学校
〒337-0054 埼玉県さいたま市見沼区砂町2-77
  • 【中学】Tel.048-667-7700/Fax.048-667-7676
  • 【高校】Tel.048-651-4050/Fax.048-652-9435
アドミッションセンター
048-666-9200(中学)/048-666-9288(高校)