栄東中学校・高等学校

  • SHIP
  • 卒業生の方へ
  • 交通案内
  • 中学お問い合せ
  • 高校お問い合せ

中学school news

私学文化祭に参加します。

2015.10.27
 埼玉県の私学が一堂に会する私学文化祭が、11月に開催されます。本校からは、11月3日(火)に東松山市民文化センターでおこなわれる作品展と音楽祭に、多くの部活動が参加をします。会場へお越し頂き、日頃の生徒たちの活動の成果をご覧頂けたらありがたいです。以下に、プログラム(抜粋)を掲載します。
詳しくはこちら
私学文化祭2015.jpg

日帰り校外AL⑤

2015.07.29
日帰りでの校外ALが実施された6月26日(金)。

各学年の様子はどのようなものだったのでしょうか。
今回は中学3年生の様子を見てみましょう。



東京ディズニーランドを訪問しました。

班別の見学を通し,
「立地環境」や「ホスピタリティ」,「文化」などを考える機会となりました。

ただ楽しむだけのテーマパークではなく,
学びの場としての奥深い魅力を探究することができたようです。



関連記事
・ 日帰り校外AL①
・ 日帰り校外AL②
・ 日帰り校外AL③
・ 日帰り校外AL④
・ 日帰り校外AL⑥

日帰り校外AL③

2015.07.15
日帰りでの校外ALが実施された6月26日(金)。

各学年の様子はどのようなものだったのでしょうか。
今回は中学2年生の様子を見てみましょう。



群馬県,茨城県,東京都の3カ所から,
見学したい場所や学びたい内容を選択する方式。

群馬県では月夜野びーどろパークでサンドブラストを体験し,
原田農園ではサクランボ狩りを行いました。



茨城県ではコカコーラ工場を見学し,
ポティロンの森での製作体験を得ました。



東京都ではデジタルハリウッド大学に向かいアプリを自作しました。

いずれの行程においても,普段身近にあるものが,
どのように作られているのかを体験するというテーマのもと
主体的な活動が見られたようです。



以下は生徒の声です。
・アプリのインターフェースや内容などをチーム内で相談し,考えることができた。
・アプリが完成したときの達成感はとても大きかった。
・何かを作り出すことの大変さや楽しさ,チームで協力することの大切さを学んだ。



関連記事
・ 日帰り校外AL①
・ 日帰り校外AL②
・ 日帰り校外AL④
・ 日帰り校外AL⑤
・ 日帰り校外AL⑥

日帰り校外AL①

2015.07.01
日帰りでの校外ALが実施された6月26日(金)。

各学年の様子はどのようなものだったのでしょうか。
今回は中学1年生の様子を見てみましょう。



富岡製糸場と群馬県立自然史博物館へと向かいました。

世界文化遺産に登録されて間もない富岡製糸場では,
ボランティアの方から歴史を聞きながら施設を見学しました。



自然史博物館では顕微鏡を用いての観察,生態調査等,
教室での学びを身をもって体験することができました。

以下は生徒の声です。
・資料を見たり,本で調べたりすることだけでは分からないことを体験を通じて知ることが出来た。
・見学するだけではなく,音声を聴いたり顕微鏡で観察したりと,記憶に残った。
・歴史を後世に伝えていくことは大切なことだ。
・自然を守っていくことの大切さを実感したように思う。



関連記事
・ 日帰り校外AL②
・ 日帰り校外AL③
・ 日帰り校外AL④
・ 日帰り校外AL⑤
・ 日帰り校外AL⑥

栄東祭の中に垣間見る本校のAL③

2015.06.22
本年度の栄東祭が6月6日(土),7日(日)に開催されました。
その中で見られた中学生の活動を報告いたします。

第三弾の今回は中学3年生。
活動テーマは「研究論文」です。
自分の興味,関心のあるテーマについて実験や実地調査を行います。
栄東祭では,どのように論文テーマについて解決を図るのか,
その「研究計画書」の展示を行いました。

併せて,展示に向けて,来場者に関心を持ってもらうため, 展示内容やレイアウトも考え,人間工学,心理学的視点の研究も行いました。

これから年度末に向けては論文の執筆に入ります。
その第一歩を踏み出したところです。



以下は生徒の声です。
・ついに論文を書くときが来たのだと実感した。
・テーマ設定が個人に委ねられるので,自由度が高すぎて迷う。
・文字だけでなく,図を用いることで視覚的にも訴えられるように意識した。
・調査や考察を重ね,納得のいく研究論文を仕上げていきたい。



関連記事
・ 栄東祭の中に垣間見る本校のAL①
・ 栄東祭の中に垣間見る本校のAL②

栄東祭の中に垣間見る本校のAL②

2015.06.16
本年度の栄東祭が6月6日(土),7日(日)に開催されました。
その中で見られた中学生の活動を報告いたします。

第二弾の今回は中学2年生。
活動テーマは「20年後の履歴書」です。
作成段階で自分の将来の展望や,
それに向けてどのように計画を立てたら良いのかを学びます。

この経験を,栄東での学校生活と将来に,
どのように繋げていくのかが,とても楽しみです。



以下は生徒の声です。
・曖昧な未来を見つめ直す良い機会となった。
・夢に向かって進んでいくための確かな道筋が見えるようになった。
・皆が個性溢れる夢を持っていることが分かった。
・夢にたどり着くための大学や学部,学科を知ることができた。
・会社を起業して,気ままな独身生活を謳歌する!



関連記事
・ 20年後の履歴書
・ 栄東祭の中に垣間見る本校のAL①
・ 栄東祭の中に垣間見る本校のAL③

栄東祭の中に垣間見る本校のAL①

2015.06.10
本年度の栄東祭が6月6日(土),7日(日)に開催されました。
その中で見られた中学生の活動をご報告いたします。

第一弾の今回は中学1年生。
活動テーマは「栄東新聞」です。
生徒一人ひとりが,教職員にインタビューを敢行し,
執筆・発行・展示を行うというものです。

普段接することのないような教職員とアポイントを取り,
自分の記事になるような取材をしていきました。

人と話すこと,記事にしていくことばかりに気をとられがちですが,
自分自身で栄東のことを調べてみたり,取材の下準備をしたりと,
「調査」することの下地部分を体験してくれた生徒が多いようです。



以下は生徒の声です。
・栄東祭は自分が楽しむことよりも「自分が作ったものを見てもらうこと」が楽しみ。
・顔も知らない先生へのインタビューは緊張した。
・先生や学校の意外な一面を見ることができて面白みを感じた。



関連記事
・ 栄東祭の中に垣間見る本校のAL②
・ 栄東祭の中に垣間見る本校のAL③

数学AL 数学と物理の融合

2015.05.13
ゴールデンウィークも明け,
中間試験まで残り2週間。

中学2年生の授業見学に行ってきました。
今回の記事では,その「数学」の授業を紹介します。

授業のメインテーマは
『物体が1点でつりあう場所を探そう!』です。


三角形の重心の位置を実験によって体感し,
物理を利用して数学の問題を解決していきます。

生徒たちは与えられた様々な条件において,
自分たちが持つ知識を利用して,
まずは,つりあう点の位置を予想しました。

 

その後,アクリル板と分銅を使って実験開始!
予想と結論を照らし合わせていきます。



つりあう点の位置を,どのように予想したのか,
定性的な話ではなく,理論的に考え,方法を発表し合う生徒たち。

発表に共感し,グッと理解が進む場面では大きな歓声があがり,
理論との間に誤差が生じたときには,そこを真剣に考え抜きました。
実は,この誤差についても調べたグループが発表をし,
アクリル板の自重による誤差なので予測が可能であることを発表をすると,
また一段と大きな歓声がわき,活気のある授業となっていきました。

その後は,「線分比の問題」を
「今回のように天秤を利用することで解決に導く」方法として,
メネラウス,チェバの定理へと進んでいきました。

AL in オーストラリア "世界の大きさ"と"感謝の気持ち"②

2014.12.25
中学生の修学旅行について、前回の記事の続きとなります。



続いて、現地の学校訪問です。
セントアイビスハイスクールでは現地校の生徒とペアになり、授業に参加しました。
学校のことや授業のことなどを共に話し、比較し、
共通の話題で盛り上がったり、相違点に関する意見交換をしたりしていました。
時間の許す中で、日本の文化や歴史などにも触れ、
どの生徒も、日本で見る姿とは異なり、積極的にコミュニケーションを図っているようでした。

jh_Au21.jpg

ホームステイや学校訪問を通じて、身振り手振りも取り入れながら、
英語で物怖じせずに堂々と自分の思いや意見を発信することを、
各自のペースで体験してくれたように思います。
また、他の人の思いや意見も理解するよう努力し、
協力することの大切さも感じてくれたようです。

そして、何より「自分のことは自分で責任を持ってやること」の大切さを知ることで、
日常生活では手助けをし、理解してくれる人々がいつも周囲にいることに気付き、
そんな人々への感謝の気持ちを強く抱くことができた修学旅行でした。



最後に、生徒の感想より抜粋して、この記事を締めたいと思います。

「最初はバディと英語でのやりとりができるのかなと不安に思っていました。
 でも、会って話をしてみると次第に打ち解けられるようになり、
 最後には、お互いジョークまで言い合える仲になっていました。
 国や言葉の違いはあっても、心は通じ合えるものだと、そのとき思いました。」

「この海外でのアクティブラーニングを通して、日本という枠にとらわれていた
 ちっぽけな自分に気が付くことができました。
 国際化していく社会において、さらに世界に目を向け、
 羽ばたいていけるように、頑張らなくてはいけないと強く感じました。」



関連記事:
AL in オーストラリア "世界の大きさ"と"感謝の気持ち"①

AL in オーストラリア "世界の大きさ"と"感謝の気持ち"①

2014.12.22
中学3年生がオーストラリアへの修学旅行にいってきました。
11月7日~11月13日(1団)、11月8日~11月15日(2団)、11月9日~11月16日(3団)に分かれ、
6泊7日の日程で「ブリスベン」「シドニー」を訪れました。

初の海外旅行という生徒もおり、ドキドキの心境の中、
ローンパインコアラサンクチュアリーでは、
コアラをはじめオーストラリアならではの動物と触れ合いました。
ゴールドコースト唯一のヒンズダムでは、
青空エコカルチャーを体験し、自然保護の大切さと難しさを知り、
環境問題について深く知り考える機会にもなりました。
スプリングブルック国立公園では、
絶滅に瀕した植物群など貴重な植物類を見学し、
生物学と地球環境学の観点から意見を交換し合う様子が伺えました。

jh_Au11.jpg

中学と高校を橋渡しする中学ALの一大イベントでもある、この行事。
もちろん、観光がメインではありません。

まずは、生活面としての「ファームプログラム」です。

緊張の面持ちでお世話になる各ホストファミリーに挨拶し、それぞれのお宅へ向かいました。

jh_Au12.jpg   jh_Au13.jpg

ホストファミリー宅でのファームアクティビティを体験し、家族の一員として過ごします。
コミュニケーションを図りながら、動物の餌付けや手入れ、野菜の収穫を手伝いました。
また、それだけではなく、各ホストの企画してくれた野生動物探しや星座の観察等も行ったようです。

短い期間ではありましたが、お別れ式では涙を浮かべながら再会を誓う場面も見られました。



関連記事:
AL in オーストラリア "世界の大きさ"と"感謝の気持ち"②

学校法人 佐藤栄学園 栄東中学校・高等学校
〒337-0054 埼玉県さいたま市見沼区砂町2-77
  • 【中学】Tel.048-667-7700/Fax.048-667-7676
  • 【高校】Tel.048-651-4050/Fax.048-652-9435
アドミッションセンター
048-666-9200(中学)/048-666-9288(高校)