栄東中学校・高等学校

  • SHIP
  • 卒業生の方へ
  • 交通案内
  • 中学お問い合せ
  • 高校お問い合せ

アクティブ・ラーニング

平成29年度 前期 ミュージカルを語る

2017.10.26
[1.講座で取り組んできたこと]
演劇興行は生活を送るにあたり、必ずしも必要なことではありません。
しかし、古代から今日に至るまで演劇興行は人々の娯楽的な要素として行われています。
その一方で、特に日本においては、ミュージカルのような演劇は、あまり一般庶民的な存在とは言い難く、
余程の機会でもないと鑑賞に赴く機会が得られない人が多いという側面もあります。

このような背景の下で、演劇興行が社会的にどのような存在価値があるのかや、
日本における演劇興行の実態がどのような存在であるのか、
あるいは各作品の背景がどのようになっているのかということを調べ、
特に日本の演劇興行の問題点について、特に「ミュージカル」に焦点をあてて、
調べ学習と、実際の演劇を鑑賞することを通して考察をしました。

以下は,東京宝塚劇場での様子です。

01.jpg 02.JPG
観劇体験した公演内容 販売グッズ調査
 
03.JPG 
公演パンフレット等の販売方法の調査風景 



[2.感想]
生徒のレポート(一例).pdf

①本講座を受講して思ったこと
(略)
学生からすると一公演約一万円というのは高すぎます。
学生の僕が見ても十分面白かったので学生の方に広めるためにも
一時間の公演で値段が半分な公演など
もっと若い層にも見てもらえるような工夫があるのではないかと思いました。
(略)
実際体感して改めて演出のすごさを認識しました。
小道具一つにしても日本文学(人形浄瑠璃など)や、インドネシアの伝統的影絵など様々な技法によって
一つ一つのイメージや理念が背景にありしっかり組み立てられているのでより深く物語が楽しめます。

②ミュージカル興業の今後の課題
ミュージカルを身近なものにするためには、
まず海外のようにミュージカル映画を普及させるべきだと思われます。
私自身もそこから演劇の世界を知り始めたからです。
映画という誰でも簡単に手が出せるようなコンテンツを利用することで
敷居が高いという印象を拭えるのではないでしょうか。

本公演とは別に子供向けの演目を同時上演することで
ミュージカルは親子で楽しめるという認識が広まればより集客数を見込めるうえに、
子供たちが大人になったときにミュージカルを見に来るようになれば
将来の集客にも役立つのではないかと考えました。
宝塚歌劇団のホームページは日本語、英語、中国語の
三か国語で閲覧できることなどからわかるように
海外から非常に高い関心を受けています。
この機会を活かして海外の方に人気の出そうな
日本発の作品を作るのはいかがでしょうか。
カテゴリー
最新の記事
アーカイブ

学校法人 佐藤栄学園 栄東中学校・高等学校
〒337-0054 埼玉県さいたま市見沼区砂町2-77
  • 【中学】Tel.048-667-7700/Fax.048-667-7676
  • 【高校】Tel.048-651-4050/Fax.048-652-9435
アドミッションセンター
048-666-9200(中学)/048-666-9288(高校)