栄東中学校・高等学校

  • SHIP
  • 卒業生の方へ
  • 交通案内
  • 中学お問い合せ
  • 高校お問い合せ

2014年12月

AL in オーストラリア "世界の大きさ"と"感謝の気持ち"②

2014.12.25
中学生の修学旅行について、前回の記事の続きとなります。



続いて、現地の学校訪問です。
セントアイビスハイスクールでは現地校の生徒とペアになり、授業に参加しました。
学校のことや授業のことなどを共に話し、比較し、
共通の話題で盛り上がったり、相違点に関する意見交換をしたりしていました。
時間の許す中で、日本の文化や歴史などにも触れ、
どの生徒も、日本で見る姿とは異なり、積極的にコミュニケーションを図っているようでした。

jh_Au21.jpg

ホームステイや学校訪問を通じて、身振り手振りも取り入れながら、
英語で物怖じせずに堂々と自分の思いや意見を発信することを、
各自のペースで体験してくれたように思います。
また、他の人の思いや意見も理解するよう努力し、
協力することの大切さも感じてくれたようです。

そして、何より「自分のことは自分で責任を持ってやること」の大切さを知ることで、
日常生活では手助けをし、理解してくれる人々がいつも周囲にいることに気付き、
そんな人々への感謝の気持ちを強く抱くことができた修学旅行でした。



最後に、生徒の感想より抜粋して、この記事を締めたいと思います。

「最初はバディと英語でのやりとりができるのかなと不安に思っていました。
 でも、会って話をしてみると次第に打ち解けられるようになり、
 最後には、お互いジョークまで言い合える仲になっていました。
 国や言葉の違いはあっても、心は通じ合えるものだと、そのとき思いました。」

「この海外でのアクティブラーニングを通して、日本という枠にとらわれていた
 ちっぽけな自分に気が付くことができました。
 国際化していく社会において、さらに世界に目を向け、
 羽ばたいていけるように、頑張らなくてはいけないと強く感じました。」



関連記事:
AL in オーストラリア "世界の大きさ"と"感謝の気持ち"①

AL in オーストラリア "世界の大きさ"と"感謝の気持ち"①

2014.12.22
中学3年生がオーストラリアへの修学旅行にいってきました。
11月7日~11月13日(1団)、11月8日~11月15日(2団)、11月9日~11月16日(3団)に分かれ、
6泊7日の日程で「ブリスベン」「シドニー」を訪れました。

初の海外旅行という生徒もおり、ドキドキの心境の中、
ローンパインコアラサンクチュアリーでは、
コアラをはじめオーストラリアならではの動物と触れ合いました。
ゴールドコースト唯一のヒンズダムでは、
青空エコカルチャーを体験し、自然保護の大切さと難しさを知り、
環境問題について深く知り考える機会にもなりました。
スプリングブルック国立公園では、
絶滅に瀕した植物群など貴重な植物類を見学し、
生物学と地球環境学の観点から意見を交換し合う様子が伺えました。

jh_Au11.jpg

中学と高校を橋渡しする中学ALの一大イベントでもある、この行事。
もちろん、観光がメインではありません。

まずは、生活面としての「ファームプログラム」です。

緊張の面持ちでお世話になる各ホストファミリーに挨拶し、それぞれのお宅へ向かいました。

jh_Au12.jpg   jh_Au13.jpg

ホストファミリー宅でのファームアクティビティを体験し、家族の一員として過ごします。
コミュニケーションを図りながら、動物の餌付けや手入れ、野菜の収穫を手伝いました。
また、それだけではなく、各ホストの企画してくれた野生動物探しや星座の観察等も行ったようです。

短い期間ではありましたが、お別れ式では涙を浮かべながら再会を誓う場面も見られました。



関連記事:
AL in オーストラリア "世界の大きさ"と"感謝の気持ち"②

学校法人 佐藤栄学園 栄東中学校・高等学校
〒337-0054 埼玉県さいたま市見沼区砂町2-77
  • 【中学】Tel.048-667-7700/Fax.048-667-7676
  • 【高校】Tel.048-651-4050/Fax.048-652-9435
アドミッションセンター
048-666-9200(中学)/048-666-9288(高校)