栄東中学校・高等学校

  • SHIP
  • 卒業生の方へ
  • 交通案内
  • 中学お問い合せ
  • 高校お問い合せ

2014年10月

AL in アメリカ 文化・経済・自然の大きさを肌で感じた高校2年生③

2014.10.30
ハーバード大学でのキャンパスツアーについて、帰国後の生徒たちに聞いてみました。
一部を紹介したいと思います。

h2st0.JPG

Q.学生と何か話ができたかな?
A.(女子生徒 Aさん)
   語学を学び、その国の文化を世界に広めたいという学生と話ができました。
   母国語の英語と、日本語、韓国語、ドイツ語など幅広く学んでいるそうです。
   自分の関心のあることを他の人に伝えたいという想いで、そこまで学べる熱意に驚きました。
A.(女子生徒 Tさん)
   Aさんと同じ方と話しました。
   語学以外に、コンピュータやプログラムを学んでいるそうです。
   言語の力と、自然・科学の力を両方伸ばしていこうと、文系理系に偏らないように学んでいるようでした。
   その理由を聞いてみると、将来はgoogleで仕事に就きたいと考えているらしく、
   そこで必要となる力を今現在磨いているということを熱く熱く語ってくれました。
A.(男子生徒 Kくん)
   将来、医者を目指している学生でした。
   高校では音楽を教えたり、小学校では科学を教えたりと、ボランティアにも積極的に参加しているそうです。
   目的をもって生活を送っている姿、それを話しているときの輝いている目に、とても感動しました。

Q.学生との話の中で、自分の心境の変化とかはあったかな?
A.(女子生徒 Aさん)
   これまで私は日本という社会の中での仕事にこだわっていました。
   もっと世界を見てもいいのではないかと思います。
   その上で、やはり日本で働きたいと思うのであれば、そこで力を尽くしたいと思います。
A.(女子生徒 Tさん)
   目標を心の中で強く描き、努力していくことで、人は輝けるのではないかと思いました。
   また、将来に対して、待っている姿勢でいるだけではなくて、
   自分で情報を集めるなど、積極的に動く必要があることを感じました。
A.(男子生徒 Kくん)
   目標や目的をもって生活をしていて、それを人に伝えようと語るとき、
   こんなにも人は輝き、周りに感動を与えることができるのかと...。
   自分自身も、周りに感動を与えられるような人間になっていきたいです。

他にも沢山の話が聞けました。その多くは、「感動を受けた」というものです。
最後に、男子生徒 Fくんに聞いた話で、まとめにしたいと思います。
やりたいこと、すべきことが、しっかりとイメージできている人は自信にあふれているようでした。
自ら学びにいく、行動することが大切なのだと実感しました。今後の学校生活にいかしていきたいと思います。




関連記事:
AL in アメリカ 文化・経済・自然の大きさを肌で感じた高校2年生①
AL in アメリカ 文化・経済・自然の大きさを肌で感じた高校2年生②

AL in アメリカ 文化・経済・自然の大きさを肌で感じた高校2年生②

2014.10.25
ボストンでのミルトン・ハイスクールでの生活を、帰国後の生徒たちに聞いてみました。
一部をご紹介したいと思います。

h2st1.JPG   h2st2.JPG

Q.授業を受けてみて、どんな感想をもちましたか?
A.(男子生徒 Kくん)
   生物の授業を受けました。
   肝臓を使って実験をしたのですが、授業の内容では化学式が多数並び、化学の授業を受けているようでした。
   日本では、科目ごとに分かれて学んでいますが、アメリカではScienceを学んでいるようでした。
   科目という垣根を越えて勉強することに楽しさを感じましたし、日本でも取り入れるべきだと思います。

Q.科目の垣根を越えた授業は、いい刺激になりましたね。では、日本での学習と似ている点はありましたか?
A.(男子生徒 Kくん)
   ミルトンでの授業は生徒が主体となって進行していました。
   生徒と先生が一丸となって授業が展開される様子は、栄東の授業と似ていたように思います。

Q.授業では、様々なことを感じたようですね。授業以外のところで何かエピソードはありますか?
A.(男子生徒 Kくん)
   ぼくのペアの生徒は、自分よりも年下でした。会話の中で、ふとアメリカのことをどう思うか聞いてみました。
   すると、国に対しての誇りと自信をもっていて、政治への関心も強いことが分かりました。
   正直、胸を張って国のことを語るのに驚きました。自分自身に照らし合わせてみると...。
   自分も、将来日本人として、海外で堂々と仕事ができるようになりたいと強く思うようになりました。
A.(男子生徒 Fくん)
   何よりも家族のことを大切にしている、大好きだという話をしてくれました。
   自分も、将来は日本や世界の未来について、責任ある活動をしていきたいと思っていましたが、
   それ以上に、もっと身近な家族のことや、
   周りで支えてくれている人たちのことを大切にしなければならないという想いが強まりました。
   帰国後、素直にお母さんに「いつも、ありがとう」と伝えられました。

学習だけではない、人間としての成長が伺える修学旅行となったようです。



関連記事:
AL in アメリカ 文化・経済・自然の大きさを肌で感じた高校2年生①
AL in アメリカ 文化・経済・自然の大きさを肌で感じた高校2年生③

学校法人 佐藤栄学園 栄東中学校・高等学校
〒337-0054 埼玉県さいたま市見沼区砂町2-77
  • 【中学】Tel.048-667-7700/Fax.048-667-7676
  • 【高校】Tel.048-651-4050/Fax.048-652-9435
アドミッションセンター
048-666-9200(中学)/048-666-9288(高校)